• 2011.12.31 Saturday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

  • 2007.09.17 Monday 22:40
  • 決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法
  • by nkfj
ざっくり分かるファイナンス」と並んで、この本も財務系の新書として売れているようである。人気会計研修の講師が著者だそうだが、そのノウハウをベースとした「財務3表一体理解法」はとてもわかりやすい。会計上の一つ一つの実務の動きと、財務3表のかかわりを関連付けを解説するという手法は、今までありそうでなかった。個人的にはこれこそが今まで知りたくて理解したかったことだった。どうして今までこのような解説書がなかったのか逆に不思議な気もする。
本来、財務3表は決算時に作成するため、本書のように一つ一つの商業活動が各表にリアルタイムで反映されるのは変なのだろうが、私のように素人にはこういう風なイメージがつかめたほうがわかりやすいので、以前からそのような理解はできないものか、と考えていた。それを著者が本書でやってくれてしまったわけだが、著者ももともと会計の専門家ではなかったらしいので、そのような柔軟な発想の本が書けたのかもしれない。

もっと言うと、著者はエンジニア出身らしく、本書中のコラムでも「会計のロジックは美しい」と語っている。やはり理系の人間は一つ一つのロジックのつながりが理解できないとすっきりしないらしく、本書の解説の発想だけでなくこういうところにも共感してしまった。

財務3表の中でももっともとっつきにくいキャッシュフロー計算書も「直説法」と「間接法」を併記して解説するほどの丁寧さで、これまで読んだ入門書の中ではもっともわかりやすく感じた。利益処分のプロセスについても、会社法改正前後とも丁寧に取り上げられている。財務系の入門書は、とかくそれぞれの読み方ばかり詳しいものが多く、結構利益処分のあたりはおざなりなものが多いと感じるが、その点本書は良かった。当然、新会計基準にも対応している。

とりあえず素人が会計の基礎をマスターするためには本書と「ざっくり分かるファイナンス」の2冊があれば当面はよさそうに感じる。両者ともおすすめである。

  • 2011.12.31 Saturday 22:40
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://strangedesign.jugem.jp/trackback/277
 
SEARCH by Google
SEARCH
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Twitter
COUNT UP
COUNT UP
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.