• 2011.12.31 Saturday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

評価:
アーケイド・ファイア
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥ 2,444
(2005-07-20)
Neighborhood #1 (Tunnels)/Arcade Fire
Arcade Fireを知ったのは、昨年iTunes Music StoreでTrey AnastasioのCelebrity Playlistsを購入したときだ。Celebrity Playlistsとは、日本のiTunes Storeにもあるのかどうか知らないが、アメリカでは有名なアーティストがピックアップするプレイリストをそのまま販売しようとするプロモーションのようなもの、と見受ける。そのコメントからわかるが、Treyは彼らのステージを見たことがあるらしく、"A great band"と書いている。
実はカナダのモントリオールで2003年に結成されたインディーズバンドらしい。iTunesで見るとなんとなく個性的なバンドっぽいこともわかる。この曲は彼らのデビューアルバム"Funeral"の一曲目なのだが、結構気に入ってしまったので、あとでAmazonでリアルCDで残りの曲を調達した。いつもは値段の安い輸入盤を買うのだが、なぜか本作は国内盤の方が安かったので、上記のAmazonのリンクも国内盤にしておこう。ちなみになぜか国内盤だとボーナスディスク付。

Funeralとは葬式の意味で、葬式がコンセプトという一風変わったアルバムなのだが、歌詞はわからないまま聴いているのでよくわからない。でも、一曲一曲個性が感じられながらも、何となく全体的に統一感のあるアルバムで、なんだか面白いバンドだ。ヴォーカルもころころ変わるし、サウンドは多彩だし、一体このバンドは何人いるんだ?ライヴはきっと楽しいんだろうな。Summer Sonicなんかにも出たようだ。

先日はセカンドアルバム"Neon Bible"をリリースしたが、iTunes Storeではしばらくアルバムトップセールスの1位を記録していた。どうやら北米では日本ではわからないくらいの人気らしい。このアルバムも買ってしまったのだが、また日をあらためてレビューするかもしれない。

  • 2011.12.31 Saturday 14:30
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://strangedesign.jugem.jp/trackback/232
 
SEARCH by Google
SEARCH
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Twitter
COUNT UP
COUNT UP
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.